メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

高リスク例対象のSPRINT試験,一般診療と異なる

J-CLEARも見解を発表

 2015年11月18日 16:00
プッシュ通知を受取る

 50歳以上の心血管疾患(CVD)高リスクの高血圧患者に対し,収縮期血圧(SBP)120mmHgとより低い値に降圧した方が心血管イベントや死亡が少ないというSPRINT試験について(N Engl J Med 2015年11月9日オンライン版関連記事),臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR;理事長=東京都健康長寿医療センター顧問・桑島巌氏)は,適切な解釈が必要であるとして,昨日(11月17日)公式サイトで見解を発表した(関連記事)。同試験は高リスク例を対象としている他,白衣高血圧が極力除外されるなど,一般診療と大きく異なることを指摘した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  高リスク例対象のSPRINT試験,一般診療と異なる