メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ロキタンスキー症候群に対する造腟術の有用性を確認

ロキタンスキー症候群に対する造腟術の有用性を確認

酸化セルロース膜を使用

 2015年11月18日 19:12

 ロキタンスキー症候群(MRKH)は,ミューラー管の形成異常により腟欠損が認められる性分化疾患(DSD)の1つである。横浜市立大学市民総合医療センター婦人科准教授の榊原秀也氏は,第4回日本子宮移植研究会・市民公開講座(11月3日)で,MRKHの病態と診断・治療を解説。その中で,同科で行ったMRKHに対する酸化セルロース膜を用いた造腟術の試みを紹介し,解剖学的,生化学的に有用性が証明されたことを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ロキタンスキー症候群に対する造腟術の有用性を確認

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037846 有効期限:10月末まで