メニューを開く 検索 ログイン

米国リウマチ学会が改訂RAガイドラインを公表

新規治療薬の位置付けを明示,バイオシミラーは推奨に盛り込まれず

2015年11月19日 08:00

 米国リウマチ学会(ACR)はこのほど,関節リウマチ(RA)治療ガイドライン(GL)の改訂版を同学会の年次集会(11月6~11日,サンフランシスコ)期間中にArthritis Rheumatol Arthritis Care Res(いずれも2015年11月6日オンライン版)で公表した。改訂は2012年版以来,3年ぶり。今回公表された2015年版の草案は,既に昨年(2014年)の年次集会で概要が公表されているが,草案からの大きな変更点はないとされている。2012年版と比べた主な相違点としては,治療アルゴリズムにおいて米国で2012年に承認されたヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬のトファシチニブの位置付けを明示。バイオシミラー(バイオ後続品)に関しては,同国では RA治療薬として承認されたものはまだないため,推奨項目には盛り込まれなかった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  米国リウマチ学会が改訂RAガイドラインを公表