メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

米国リウマチ学会が改訂RAガイドラインを公表

新規治療薬の位置付けを明示,バイオシミラーは推奨に盛り込まれず

 2015年11月19日 08:00
プッシュ通知を受取る

 米国リウマチ学会(ACR)はこのほど,関節リウマチ(RA)治療ガイドライン(GL)の改訂版を同学会の年次集会(11月6~11日,サンフランシスコ)期間中にArthritis Rheumatol Arthritis Care Res(いずれも2015年11月6日オンライン版)で公表した。改訂は2012年版以来,3年ぶり。今回公表された2015年版の草案は,既に昨年(2014年)の年次集会で概要が公表されているが,草案からの大きな変更点はないとされている。2012年版と比べた主な相違点としては,治療アルゴリズムにおいて米国で2012年に承認されたヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬のトファシチニブの位置付けを明示。バイオシミラー(バイオ後続品)に関しては,同国では RA治療薬として承認されたものはまだないため,推奨項目には盛り込まれなかった。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  米国リウマチ学会が改訂RAガイドラインを公表