メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  1日1回1錠で全ゲノタイプのC型肝炎の治療が可能に?

1日1回1錠で全ゲノタイプのC型肝炎の治療が可能に?

4件の第Ⅲ相試験でソホスブビル/velpatasvir合剤の有効性と安全性を確認

 2015年11月19日 17:00
プッシュ通知を受取る

 C型肝炎の治療におけるNS5Bポリメラーゼ阻害薬のソホスブビル(400mg)とNS5A阻害薬のvelpatasvir(100mg)の合剤(以下,SOF/VEL)の安全性および有効性が確認されたとする4件の第Ⅲ相臨床試験(ASTRAL-1~4)の結果がN Engl J Med(2015年11月16・17日オンライン版)で報告された。C型肝炎ウイルス(HCV)のゲノタイプ(GT,1~6型)を問わず,SOF/VEL 12週間投与の終了から12週間後に感染者の95~100%がウイルス学的著効(SVR)を達成。有害事象の発生率も低かった。現在C型肝炎治療では治療前にゲノタイプを特定し,進行度も判定する必要があるが,SOF/VELは1日1回の経口薬で服薬しやすいだけでなく,全ゲノタイプに有効であることから,今後のC型肝炎治療の流れが変わる可能性がある。ただし,同誌の付随論評では費用の高さなどの問題点も指摘された。なお,これらの試験の成績は米国肝臓病学会(AASLD)の年次集会(Liver Meeting 2015,11月13~17日,サンフランシスコ)でも報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  1日1回1錠で全ゲノタイプのC型肝炎の治療が可能に?

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037843 有効期限:12月末まで