メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

Idarucizumab投与後の抗凝固療法の再開は?

RE-VERSE AD試験の予備的検討を報告

 2015年11月20日 15:30
プッシュ通知を受取る

米国心臓協会学術集会2015(AHA2015)

pollack氏 非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)ダビガトランの特異的中和剤として開発されたidarucizumab。その有効性と安全性を検討する第Ⅲ相試験(RE-VERSE AD試験)の中間解析では,約9割の患者でダビガトランの抗凝固作用の迅速かつ特異的な中和が得られたとする前向きな結果が報告された。同試験を主導した米・Thomas Jefferson University のCharles V. Pollack, Jr.氏は,米国心臓協会学術集会(AHA2015,11月7~11日,オーランド)において,同試験の概要および主要な中間解析結果について発表するとともに,idarucizumab投与後の抗血栓療法の再開に関する予備的な検討について報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  Idarucizumab投与後の抗凝固療法の再開は?