メニューを開く 検索 ログイン

再発膠芽腫に対するJCOGの臨床試験が開始間近

2015年11月20日 10:00

 日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の脳腫瘍グループ(代表者=埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科教授・西川亮氏)では,脳腫瘍における標準治療の確立を目指した研究活動に取り組んでいるが,このたび再発膠芽腫に対する用量強化テモゾロミド(TMZ)-ベバシズマブ(BEV)逐次併用療法について多施設共同第Ⅲ相試験に着手することとなった(JCOG1308)。同試験の研究代表施設となる杏林大学脳神経外科教授の永根基雄氏が開発の経緯およびプロトコルについて,日本脳神経外科学会第74回学術総会(10月14〜16日,会長=北海道大学大学院脳神経外科教授・寳金清博氏)のシンポジウム「神経膠腫に対する新たな治療戦略」で解説を行った。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  再発膠芽腫に対するJCOGの臨床試験が開始間近