メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  スタチンの一般人口の適応割合,欧米のGLで差

スタチンの一般人口の適応割合,欧米のGLで差

 2015年11月20日 10:30

米国心臓協会学術集会2015(AHA2015)

顔写真 スタチンの適応患者は,各ガイドライン(GL)によって大きな開きがあることが指摘されている。オランダ・Erasmus Medical Center , University Medical Center RotterdamのMaarten J.G. Leening氏は,心血管疾患(CVD)予防に関する米国心臓学会(ACC)/米国心臓協会(AHA)および欧州心臓病学会(ESC)の両GLにおいて,スタチン治療が推奨される人の割合は,同国の一般人口ではそれぞれ約60%,40%と「差」が認められたとして,米国心臓協会学術集会(AHA2015,11月7〜11日,オーランド)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  スタチンの一般人口の適応割合,欧米のGLで差

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037820 有効期限:10月末まで