メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  "ゲームてんかん"が子供に蔓延か

"ゲームてんかん"が子供に蔓延か

光刺激により誘発の可能性

 2015年11月20日 15:00
プッシュ通知を受取る

 近年,インターネットやスマートフォンの普及が目覚ましく,子供が幼いうちからそれらに接する機会も増加している。久場川こども発達クリニック(千葉県)院長の久場川哲二氏は,同クリニックを受診した18歳以下の患者のうち,ゲーム・ネット依存/中毒症状のある患者の約半数に脳波異常が認められたが,これらは光刺激により誘発される,いわゆる"ゲームてんかん"である可能性が考えられると第49回日本てんかん学会学術集会(10月30~31日,会長=長崎医療センター脳神経外科部長・馬場啓至氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  "ゲームてんかん"が子供に蔓延か

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037822 有効期限:4月末まで