メニューを開く 検索を開く ログイン

"ゲームてんかん"が子供に蔓延か

光刺激により誘発の可能性

 2015年11月20日 15:00
プッシュ通知を受取る

 近年,インターネットやスマートフォンの普及が目覚ましく,子供が幼いうちからそれらに接する機会も増加している。久場川こども発達クリニック(千葉県)院長の久場川哲二氏は,同クリニックを受診した18歳以下の患者のうち,ゲーム・ネット依存/中毒症状のある患者の約半数に脳波異常が認められたが,これらは光刺激により誘発される,いわゆる"ゲームてんかん"である可能性が考えられると第49回日本てんかん学会学術集会(10月30~31日,会長=長崎医療センター脳神経外科部長・馬場啓至氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  "ゲームてんかん"が子供に蔓延か