メニューを開く 検索を開く ログイン

免疫チェックポイント阻害薬の適応拡大に向け体制整備を呼びかけ

副作用マネジメントで堀之内秀仁氏

 2015年11月20日 08:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 国立がん研究センター中央病院呼吸器内科医長の堀之内秀仁氏は,11月7日に開かれた第19回オンコロジーセミナー(主催=がん医療研修機構)で,悪性黒色腫に対する新規抗がん薬である免疫チェックポイント阻害薬の非小細胞肺がんの適応拡大を踏まえ,同薬の副作用とその対応を解説した。同氏は,同薬による免疫関連有害事象には,ステロイド薬の投与を躊躇しない点を強調したが,不応例も存在するため,インフリキシマブなどが投与できる体制も念頭に置くよう求めた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  免疫チェックポイント阻害薬の適応拡大に向け体制整備を呼びかけ

error in template: found but mtif was expected