メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  開発中の経鼻不活化インフルエンザワクチン,忍容性は良好

開発中の経鼻不活化インフルエンザワクチン,忍容性は良好

臨床研究結果を感染研が発表

 2015年11月23日 10:00
プッシュ通知を受取る

寺内芳彦氏

 経鼻インフルエンザワクチンは,被接種者への負担が少なく,感染自体を予防する効果が期待されることから,次世代ワクチンとして国内での承認が望まれている。中でも経鼻不活化インフルエンザワクチンは,生ワクチンの適応とならない乳児や高齢者においても有用性が期待され,実用化を待ち望む声が大きい。国立感染症研究所感染病理部協力研究員の寺内芳彦氏らは,同薬の安全性を検討し忍容性が良好であったと第19回日本ワクチン学会学術集会(11月14〜15日,会長=江南厚生病院こども医療センター顧問・尾崎隆男氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  開発中の経鼻不活化インフルエンザワクチン,忍容性は良好

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037860 有効期限:8月末まで