メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  麻酔法,冷却法,患者管理に注意,日本から信頼できるデータを

麻酔法,冷却法,患者管理に注意,日本から信頼できるデータを

軽度低体温療法による脳保護・蘇生

 2015年11月24日 11:00
プッシュ通知を受取る

前川氏 最近,軽度低体温療法(Mild Therapeutic Hypothermia;MTH, 32.0〜34.0℃)は範囲を広げ(32.0〜35.5℃),または高体温予防を含めてTargeted Temperature Management(TTM)といわれている。TTMによる脳保護効果は多施設ランダム化比較試験(RCT)により心肺停止蘇生後(PCAS)患者,および新生児仮死で証明されたことから,成人の心肺蘇生法(心肺蘇生から24時間以内)の世界標準が書き替えられた。TTMによる脳保護効果について20年以上研究を行っている山口県立総合医療センター院長の前川剛志氏は,TTMによる脳保護効果とその機序,基礎・臨床データ,わが国でRCTを行う上での注意点などを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  麻酔法,冷却法,患者管理に注意,日本から信頼できるデータを

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037802 有効期限:7月末まで