メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  肺非結核性抗酸菌症が急増,諸外国と比べ突出

肺非結核性抗酸菌症が急増,諸外国と比べ突出

 2015年11月24日 10:15
プッシュ通知を受取る

 肺非結核性抗酸菌症(NTM)の患者数が急増し,推定罹患率は人口10万人対14.7人に上る―。結核予防会複十字病院(東京都)臨床研究アドバイザー(結核研究所顧問)の倉島篤行氏は,全国884施設を対象とした疫学調査の結果を11月18日に開かれた第217回生命科学フォーラムで明らかにした。NTMについての大規模調査は7年ぶり。同氏は「10万人に約15人の罹患率は予想以上。諸外国と比べても桁違いに多い」と指摘する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  肺非結核性抗酸菌症が急増,諸外国と比べ突出

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02037853 有効期限:2月末まで