メニューを開く 検索を開く ログイン

頭痛発作SUNCTが神経血管減圧術で完治

頭蓋内動脈の三叉神経第1枝圧迫が原因に

 2015年11月24日 15:36
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 原因不明で治療に難渋することが多い頭痛発作のSUNCT 。その一部に,頭蓋内動脈による三叉神経第1枝の圧迫が原因と考えられる症例が存在することが分かった。千葉徳洲会病院副院長兼脳脊髄神経外科センター長の北原功雄氏らが,第43回日本頭痛学会総会(11月13~14日,会長代行=慶應義塾大学神経内科教授・鈴木則宏氏)で報告した。頭蓋内動脈による三叉神経第1枝圧迫が認められたSUNCT 3例に,圧迫を解除する神経血管減圧術を行った結果,全例が完治したという。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  頭痛発作SUNCTが神経血管減圧術で完治