メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  バイリンガルの人は脳卒中後の認知機能が正常に保たれやすい?

バイリンガルの人は脳卒中後の認知機能が正常に保たれやすい?

インドの多文化都市からの報告

 2015年11月25日 08:00
プッシュ通知を受取る

 これまでに,脳卒中後の認知機能に影響するさまざまな因子が特定されている。インド・Nizam's Institute of Medical SciencesのSuvarna Alladi氏らは,そうした既知の因子の他に,脳卒中後の認知機能に保護的に働く可能性のある因子として,複数の言語を使用すること(bilingualism)に着目。多文化都市であるハイデラバードに位置する自施設の脳卒中レジストリに登録された虚血性脳卒中患者600例超のデータを解析したところ,一言語話者(モノリンガル)に比べ二言語話者(バイリンガル)では脳卒中後に認知機能が正常だった患者の割合が2倍超に上ることが示されたとStroke2015年11月19日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  バイリンガルの人は脳卒中後の認知機能が正常に保たれやすい?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037878 有効期限:11月末まで