メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

CGRPを標的とする抗体療法薬に片頭痛予防効果

海外の第Ⅱ相試験で確認

 2015年11月25日 17:10
プッシュ通知を受取る

 片頭痛の予防療法として,カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)を標的とする抗体療法薬の開発が進んでいる。慶應義塾大学神経内科専任講師の清水利彦氏は,第43回日本頭痛学会総会(11月13~14日,会長代行=慶應義塾大学神経内科教授・鈴木則宏氏)の特別企画「片頭痛治療の現状と展望」で,開発中の4種の抗体療法薬で行われた最近の海外の臨床試験データを紹介。片頭痛の予防効果とその速効性が認められたことを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CGRPを標的とする抗体療法薬に片頭痛予防効果

error in template: found but mtif was expected