メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CGRPを標的とする抗体療法薬に片頭痛予防効果

CGRPを標的とする抗体療法薬に片頭痛予防効果

海外の第Ⅱ相試験で確認

 2015年11月25日 17:10
プッシュ通知を受取る

 片頭痛の予防療法として,カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)を標的とする抗体療法薬の開発が進んでいる。慶應義塾大学神経内科専任講師の清水利彦氏は,第43回日本頭痛学会総会(11月13~14日,会長代行=慶應義塾大学神経内科教授・鈴木則宏氏)の特別企画「片頭痛治療の現状と展望」で,開発中の4種の抗体療法薬で行われた最近の海外の臨床試験データを紹介。片頭痛の予防効果とその速効性が認められたことを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CGRPを標的とする抗体療法薬に片頭痛予防効果

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037887 有効期限:6月末まで