メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  「可能であればジェネリック薬の使用を」米国内科学会が推奨

「可能であればジェネリック薬の使用を」米国内科学会が推奨

 2015年11月25日 18:00
プッシュ通知を受取る

 米国内科学会(ACP)は11月24日,「医師は,可能であれば高価なブランド医薬品(先発薬,以下ブランド薬)ではなくジェネリック医薬品(後発薬,以下ジェネリック薬)を処方すべき」とする推奨を" Best Practice Advice"としてAnn Intern Med 2015年11月24日オンライン版)で公表した。ジェネリック薬の使用は医療費の抑制だけでなく,患者の自己負担額が軽減されることによるアドヒアランスの向上にもつながるとのACP臨床ガイドライン(GL)委員会の見解が示された。また,ジェネリック薬のさらなる普及を目指した対策や研究課題などもまとめられた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  「可能であればジェネリック薬の使用を」米国内科学会が推奨

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037891 有効期限:8月末まで