メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

子宮頸がんの粘膜ワクチンを開発,前がん病変の退縮効果認める

東大・川名敬氏が臨床免疫学会で報告

 2015年11月26日 16:00
プッシュ通知を受取る

 ヒトパピローマウイルス(HPV)を標的とした子宮頸がんの免疫療法は多数試みられているものの,いまだ実用化されていない。東京大学大学院産婦人科学准教授の川名敬氏らは,全身免疫誘導では子宮頸部粘膜に有効な抗HPV細胞性免疫が誘導されていないと考え,粘膜免疫を誘導する免疫療法を開発。子宮頸がん前がん病変(CIN3)を対象とした臨床試験で退縮が認められたと,第43回日本臨床免疫学会総会(10月22~24日,会長=兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科主任教授・佐野統氏)の合同シンポジウム「新規治療を目指す免疫疾患研究の最前線」で報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  子宮頸がんの粘膜ワクチンを開発,前がん病変の退縮効果認める