メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  子宮頸がんの粘膜ワクチンを開発,前がん病変の退縮効果認める

子宮頸がんの粘膜ワクチンを開発,前がん病変の退縮効果認める

東大・川名敬氏が臨床免疫学会で報告

 2015年11月26日 16:00
プッシュ通知を受取る

 ヒトパピローマウイルス(HPV)を標的とした子宮頸がんの免疫療法は多数試みられているものの,いまだ実用化されていない。東京大学大学院産婦人科学准教授の川名敬氏らは,全身免疫誘導では子宮頸部粘膜に有効な抗HPV細胞性免疫が誘導されていないと考え,粘膜免疫を誘導する免疫療法を開発。子宮頸がん前がん病変(CIN3)を対象とした臨床試験で退縮が認められたと,第43回日本臨床免疫学会総会(10月22~24日,会長=兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科主任教授・佐野統氏)の合同シンポジウム「新規治療を目指す免疫疾患研究の最前線」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪まであと1年。心の準備は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  子宮頸がんの粘膜ワクチンを開発,前がん病変の退縮効果認める

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07037870 有効期限:7月末まで