メニューを開く 検索を開く ログイン

麦芽乳酸菌由来ポリリン酸が炎症性腸疾患を改善

第43回日本臨床免疫学会

 2015年11月26日 14:00
プッシュ通知を受取る

 炎症性腸疾患(IBD)の病態に腸内細菌叢の異常が関与しており,プロバイオティクスを用いた治療が注目されている。旭川医科大学内科学准教授の藤谷幹浩氏らは,麦芽乳酸菌の培養上清から活性物質である長鎖ポリリン酸を同定し,新規IBD治療薬として期待される作用が得られたことを,第43回日本臨床免疫学会総会(10月22~24日,会長=兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科主任教授・佐野統氏)の合同シンポジウム「新規治療を目指す免疫疾患研究の最前線」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  麦芽乳酸菌由来ポリリン酸が炎症性腸疾患を改善