メニューを開く 検索 ログイン

麦芽乳酸菌由来ポリリン酸が炎症性腸疾患を改善

第43回日本臨床免疫学会

2015年11月26日 14:00

 炎症性腸疾患(IBD)の病態に腸内細菌叢の異常が関与しており,プロバイオティクスを用いた治療が注目されている。旭川医科大学内科学准教授の藤谷幹浩氏らは,麦芽乳酸菌の培養上清から活性物質である長鎖ポリリン酸を同定し,新規IBD治療薬として期待される作用が得られたことを,第43回日本臨床免疫学会総会(10月22~24日,会長=兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科主任教授・佐野統氏)の合同シンポジウム「新規治療を目指す免疫疾患研究の最前線」で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  麦芽乳酸菌由来ポリリン酸が炎症性腸疾患を改善

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで