メニューを開く 検索を開く ログイン

増える水痘ワクチン接種後罹患,診断はどうするか

臨床医に有用な診断法を紹介

 2015年11月27日 08:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

渡辺正博氏  昨年(2014年)10月に定期接種化された水痘ワクチンは,接種率が大幅に向上している。しかし自然発症の患者の減少に伴って水痘ワクチン接種後罹患(breakthrough varicella;BV)が相対的に増えており,その診断の難しさが多くの小児科医を悩ませている。臨床医にとって利用しやすいBVの診断法を,第19回日本ワクチン学会学術集会(11月14〜15日,会長=江南厚生病院こども医療センター顧問・尾崎隆男氏)で,すずかこどもクリニック(三重県鈴鹿市)院長の渡辺正博氏が紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  増える水痘ワクチン接種後罹患,診断はどうするか