メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  RNA干渉に基づくPCSK9 合成阻害薬皮下注射剤が有望

RNA干渉に基づくPCSK9 合成阻害薬皮下注射剤が有望

抗PCSK9抗体並みのLDL-C低下が3~6ヵ月持続

 2015年11月27日 18:00
プッシュ通知を受取る

米国心臓協会学術集会2015(AHA2015)

"RNA干渉(RNAi)"という新たなメカニズムに基づく新規クラス・前駆蛋白質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)合成阻害薬ALN-PCSの皮下注射製剤ALN-PCSscが,脂質異常症治療薬として有望であることが明らかになった。小規模な第Ⅰ相試験の暫定解析の結果ながら,同薬の皮下注射により,重篤な有害事象を伴うことなく,抗PCSK9抗体並みの強力なLDLコレステロール(LDL-C)低下作用が3~6ヵ月持続する可能性が示された。米・Alnylam Pharmaceuticals社のKevin Fitzgerald氏が,米国心臓協会学術集会(AHA2015;11月7〜11日,オーランド)のLate-Breaking Clinical Trialsセッションで発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪・パラリンピックのマスコット名が 『ミライトワ』、『ソメイティ』に決定。このネーミングは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  RNA干渉に基づくPCSK9 合成阻害薬皮下注射剤が有望

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037902 有効期限:7月末まで