メニューを開く 検索を開く ログイン

心不全の有無によらずエンパグリフロジンの有効性認める

EMPA-REG OUTCOMEサブ解析

 2015年11月27日 16:30
プッシュ通知を受取る

米国心臓協会学術集会2015(AHA2015)

 2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬エンパグリフロジンの心血管イベント抑制,総死亡抑制を証明し,大きな反響を呼んだEMPA-REG OUTCOME1)N Engl J Med 2015; 373:2117-2128)のサブ解析結果を,米・Yale University School of Medicine教授のSilvio E. Inzucchi氏が,米国心臓協会学術集会(AHA2015,11月7〜11日,オーランド)のLate-Breaking Clinical Trialsセッションで発表した。エンパグリフロジン群ではプラセボ群に比べて,ベースラインにおける心不全の有無にかかわらず,一貫して「心不全による入院+心血管死」,総死亡,全入院などが減少傾向を示したという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  心不全の有無によらずエンパグリフロジンの有効性認める