メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  JAK阻害薬トファシチニブ市販後の新規開始RAへの経過は?

JAK阻害薬トファシチニブ市販後の新規開始RAへの経過は?

第30回日本臨床リウマチ学会

 2015年11月28日 12:00
プッシュ通知を受取る

 関節リウマチ(RA)治療薬としては国内初となるヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬のトファシチニブ。実臨床における有効性や安全性の報告が待たれるなか,長崎大学大学院展開医療科学講座の岩本直樹氏らは,トファシチニブが発売されてからの新規開始RA患者を対象に有用性を検討。メトトレキサート(MTX)非併用例や生物学的製剤(Bio)多剤無効例でも有効性が認められたことを,第30回日本臨床リウマチ学会(11月21~22日,会長=近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  JAK阻害薬トファシチニブ市販後の新規開始RAへの経過は?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037900 有効期限:6月末まで