メニューを開く 検索 ログイン

小児/若年発症がん生存患者の長期予後

2015年11月30日 10:00

 小児または若年でがんを発症後,長期生存している者の予後を検討した2件の論文がJAMA Oncol(2015年11月19日オンライン版)に掲載された。1件目は,デンマーク・Danish Cancer Society Research CenterのKathrine Rugbjerg氏らによるもので,15〜39歳でがんと診断された生存者を14年間追跡し,その後の身体疾患による入院リスクを検討した研究。2件目は,米・St Jude Children's Research HospitalのKevin R. Krull氏らによる小児期に骨肉腫と診断された生存者を25年間追跡し,神経認知機能障害リスクを検討した研究。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  小児/若年発症がん生存患者の長期予後