メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  てんかん性スパズムに迫る

てんかん性スパズムに迫る

 2015年11月30日 14:00
プッシュ通知を受取る

 てんかん性スパズムを呈するてんかんは難治で予後が不良であるため,より効果的な治療法を探るアプローチが続けられている。第49回日本てんかん学会学術集会(10月30~31日,会長=長崎医療センター脳神経外科部長・馬場啓至氏)のシンポジウム「てんかん性スパズムの機序と治療」では,てんかん性スパズムの最新の治療と予後について報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  てんかん性スパズムに迫る

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037901 有効期限:7月末まで