メニューを開く 検索を開く ログイン

てんかん性スパズムに迫る

 2015年11月30日 14:00
プッシュ通知を受取る

 てんかん性スパズムを呈するてんかんは難治で予後が不良であるため,より効果的な治療法を探るアプローチが続けられている。第49回日本てんかん学会学術集会(10月30~31日,会長=長崎医療センター脳神経外科部長・馬場啓至氏)のシンポジウム「てんかん性スパズムの機序と治療」では,てんかん性スパズムの最新の治療と予後について報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  てんかん性スパズムに迫る