メニューを開く 検索を開く ログイン

新しい伝播機構でコリスチン耐性遺伝子が大腸菌に拡散

 2015年11月30日 08:00
プッシュ通知を受取る

 中国・華南農業大学教授のJian-Hua Liu氏らは,中国南部でブタおよび感染症入院患者から採取した腸内細菌を分析した結果,"最後のとりで"とされる抗菌薬コリスチンに対する新たな耐性伝播機構を確認し,MCR-1と命名したとLancet Infect Dis2015年11月18日オンライン版)で報告した。今回,mcr-1遺伝子はプラスミドから検出されており,菌種を越えた耐性の伝播が憂慮される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  新しい伝播機構でコリスチン耐性遺伝子が大腸菌に拡散