メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  産後HbA1c値に計画妊娠やSMBG回数の変化が影響

産後HbA1c値に計画妊娠やSMBG回数の変化が影響

1型糖尿病合併妊娠患者

 2015年12月01日 15:00
プッシュ通知を受取る

 1型糖尿病合併妊娠患者では,妊娠前と比較して産後1年以降の体重およびBMIの有意な増加が報告されている。1型糖尿病合併妊娠患者の産後の血糖管理に関連する因子について検討した神戸大学病院糖尿病・内分泌内科の浦井伸氏は,産後1年目のHbA1c値は妊娠前と出産時のHbA1c値と相関し,妊娠前の値が良好であっても,非計画妊娠例や血糖自己測定(SMBG)の測定回数が妊娠前より減少すると,産後1年目のコントロールが悪化することを,第31回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会(11月20~21日,会長=東京女子医科大学糖尿病センターセンター長・内潟安子氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  産後HbA1c値に計画妊娠やSMBG回数の変化が影響

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037925 有効期限:12月末まで