メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  ブラジルのジカ熱流行に伴い小頭症が異常増加,WHOなどが注意喚起

ブラジルのジカ熱流行に伴い小頭症が異常増加,WHOなどが注意喚起

 2015年12月01日 17:30
プッシュ通知を受取る

 2014年ごろから南米大陸で土着ウイルスの伝播が確認されていた,蚊が媒介するジカウイルス(Zika virus)による感染症(ジカ熱)がブラジルで拡大している。これに伴い,流行地域で出生した小児の小頭症が異常に増加していることが検知された。ブラジル保健省は11月上旬,流行地域で公衆衛生上の緊急事態を宣言するなど世界保健機関(WHO)の国際保健規則(IHR)にのっとった危機管理体制の強化が図られている。

(汎米保健機構公式サイト,2015年12月1日のアクセスによる情報)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  ブラジルのジカ熱流行に伴い小頭症が異常増加,WHOなどが注意喚起

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037934 有効期限:7月末まで