メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  脳損傷防止目指しスポーツによる脳震盪の認知普及へ

脳損傷防止目指しスポーツによる脳震盪の認知普及へ

日本脳神経外科学会が国民に向け提言

 2015年12月01日 19:30
プッシュ通知を受取る

 日本脳神経外科学会は,昨日(2015年11月30日)開かれたメディアフォーラムで,スポーツによる脳損傷予防に向け,軽度見逃し例を含む脳震盪への注意喚起について提言を行った。スポーツによる脳震盪は安易に見られがちだ。しかし,脳震盪後,そのままスポーツを続けると,急激な脳腫脹や急性硬膜下血腫などの致命的な脳損傷につながりかねず,同学会は国民に広く注意を呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  脳損傷防止目指しスポーツによる脳震盪の認知普及へ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037941 有効期限:4月末まで