メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  性交渉ごとの曝露前予防"オンデマンドPrEP"がHIV感染予防に有効

性交渉ごとの曝露前予防"オンデマンドPrEP"がHIV感染予防に有効

フランスとカナダの多施設共同RCT

 2015年12月02日 11:30

 HIVに感染していないがそのリスクが特に高いと考えられる群に対して抗HIV薬を予防的に投与する曝露前予防(pre-exposure prophylaxis ; PrEP)は,HIV新規感染を減らす有望な手段の1つとされており,既に米国では全医療従事者を対象としたPrEPのガイドライン(GL)も存在する(関連記事)。同GLで使用が推奨されているテノホビル+エムトリシタビン合剤(TDF 300mg/FTC 200mg)の連日投与はHIV-1の感染予防にも有効であるとされるが,中には十分な効果が認められなかった研究もあり,アドヒアランスの低さがその主因と考えられてきた。そこで,フランス・Hôpital Saint-LouisのJean-Michel Molina氏らは,フランスとカナダの男性間性交渉者(MSM)を対象に,連日投与ではなく性交渉のたびにTDF/FTCを投与する"オンデマンドPrEP"の安全性と有効性を評価する二重盲検ランダム化比較試験(RCT)IPERGAY※1を実施。TDF/FTC群ではプラセボ群に比べて消化管および腎臓の有害事象の発生率が高かったが,HIV-1感染の発生率は86%低かったとする成績をN Engl J Med2015年12月1日オンライン版)で報告した。同氏らは,まだ有効なHIVワクチンがない現状で,オンデマンドPrEPは高リスク男性のHIV感染予防に貢献できるのではないかと期待を寄せている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  性交渉ごとの曝露前予防"オンデマンドPrEP"がHIV感染予防に有効

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037924 有効期限:10月末まで