メニューを開く 検索を開く ログイン

TNF阻害薬使用でRA患者の帯状疱疹リスクが4~5倍に

第30回日本臨床リウマチ学会

 2015年12月03日 08:00
プッシュ通知を受取る

 関節リウマチ(RA)患者の帯状疱疹罹患率は,非RA患者の2倍以上とされるが,日本人RA患者における帯状疱疹のリスクに関するエビデンスは乏しい。東京医科歯科大学薬害監視学講座(現:東京女子医科大学,独立行政法人医薬品医療機器総合機構)の原田紗世子氏らは,日本人RA患者における帯状疱疹罹患率および生物学的製剤(Bio)の使用と帯状疱疹との関連を,REALデータベースを用いて検討。従来型抗リウマチ薬(DMARD)使用と比較して腫瘍壊死因子(TNF)を標的とするBio(TNF阻害薬)の使用で,RA患者での帯状疱疹発生リスクが4〜5倍高くなることなどを,第30回日本臨床リウマチ学会(11月21~22日,会長=近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  TNF阻害薬使用でRA患者の帯状疱疹リスクが4~5倍に