メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  TNF阻害薬使用でRA患者の帯状疱疹リスクが4~5倍に

TNF阻害薬使用でRA患者の帯状疱疹リスクが4~5倍に

第30回日本臨床リウマチ学会

2015年12月03日 08:00

1名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)患者の帯状疱疹罹患率は,非RA患者の2倍以上とされるが,日本人RA患者における帯状疱疹のリスクに関するエビデンスは乏しい。東京医科歯科大学薬害監視学講座(現:東京女子医科大学,独立行政法人医薬品医療機器総合機構)の原田紗世子氏らは,日本人RA患者における帯状疱疹罹患率および生物学的製剤(Bio)の使用と帯状疱疹との関連を,REALデータベースを用いて検討。従来型抗リウマチ薬(DMARD)使用と比較して腫瘍壊死因子(TNF)を標的とするBio(TNF阻害薬)の使用で,RA患者での帯状疱疹発生リスクが4〜5倍高くなることなどを,第30回日本臨床リウマチ学会(11月21~22日,会長=近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  TNF阻害薬使用でRA患者の帯状疱疹リスクが4~5倍に