メニューを開く 検索を開く ログイン

超早産児へのビフィズス菌投与は無益

 2015年12月04日 12:00
プッシュ通知を受取る

 英・Homerton University HospitalのKate Costeloe氏らは,超早産児に対するビフィズス菌投与の効果を検討する第Ⅲ相ランダム化比較試験を実施した結果,BBG-001投与に死亡抑制効果はなく,遅発性敗血症や壊死性腸炎の予防効果も認められなかったことをLancet2015年11月25日オンライン版)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

宣言中でも修学旅行を実施する方針。

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  超早産児へのビフィズス菌投与は無益