メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  超早産児へのビフィズス菌投与は無益

超早産児へのビフィズス菌投与は無益

 2015年12月04日 12:00
プッシュ通知を受取る

 英・Homerton University HospitalのKate Costeloe氏らは,超早産児に対するビフィズス菌投与の効果を検討する第Ⅲ相ランダム化比較試験を実施した結果,BBG-001投与に死亡抑制効果はなく,遅発性敗血症や壊死性腸炎の予防効果も認められなかったことをLancet2015年11月25日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  超早産児へのビフィズス菌投与は無益

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037931 有効期限:4月末まで