メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  前交通動脈は5mm未満でも積極的に介入

前交通動脈は5mm未満でも積極的に介入

未破裂脳動脈瘤の治療適応の妥当性を検証

 2015年12月04日 08:00
プッシュ通知を受取る

 日本未破裂脳動脈瘤悉皆調査(UCAS Japan)により,わが国の未破裂脳動脈瘤の自然史が報告され,これにより治療適応決定の際の重要なエビデンスが提示されたことになる。国立循環器病研究センター脳神経外科の菅田真生氏らは,UCAS Japan報告以前から行っていた同科の治療適応の妥当性を検証し,日本脳神経外科学会第74回学術総会(10月14〜16日,会長=北海道大学大学院脳神経外科教授・寳金清博氏)のシンポジウム「未破裂脳動脈瘤におけるデータの活用と現実から」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪まであと1年。心の準備は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  前交通動脈は5mm未満でも積極的に介入

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07037947 有効期限:7月末まで