メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  血管内治療の介入効果を明らかにしていくことが大切

血管内治療の介入効果を明らかにしていくことが大切

未破裂脳動脈瘤に対し施行が少ない理由とは

 2015年12月04日 10:00
プッシュ通知を受取る

 虎の門病院(東京都)脳神経血管内治療科部長の松丸祐司氏は,未破裂脳動脈瘤の治療は治療リスク,余命,瘤の存在に対する精神的影響を考慮して適応を決定すべきという考えを示す。その際,治療選択肢となる血管内治療の施行がわが国では少ない理由を考察し,未破裂脳動脈瘤に対する介入治療の効果を明らかにしていくことの重要性を,日本脳神経外科学会第74回学術総会(10月14〜16日,会長=北海道大学大学院脳神経外科教授・寳金清博氏)のシンポジウム「未破裂脳動脈瘤におけるデータの活用と現実から」で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  血管内治療の介入効果を明らかにしていくことが大切

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037948 有効期限:4月末まで