メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  IL-6受容体標的Bioのsarilumab,第Ⅲ相試験のpost hoc解析結果

IL-6受容体標的Bioのsarilumab,第Ⅲ相試験のpost hoc解析結果

第30回臨床リウマチ学会

 2015年12月04日 17:00

 初の完全ヒト型抗IL-6受容体モノクローナル抗体〔生物学的製剤(Bio)〕であるsarilumabは,メトトレキサート(MTX)で効果不十分な中等度以上の活動性関節リウマチ(RA)患者を対象とした第Ⅲ相試験MOBILITYにおいて,MTXとの併用療法によりRAの徴候および症状,身体機能が改善し,関節破壊の進行も抑制したことが報告された。今回,米・Sanofi社のHubert van Hoogstraten氏らは,第Ⅲ相試験のpost hoc解析として,ベースライン時のC反応性蛋白(CRP)を用いて28関節を評価する疾患活動性スコア(DAS28-CRP)により中疾患活動性RA群と高疾患活動性RA群に分け,sarilumabの有効性・安全性データを検討。ベースライン時の疾患活動性に関わらず有効性が認められたことを,第30回日本臨床リウマチ学会(11月21~22日,会長=近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  IL-6受容体標的Bioのsarilumab,第Ⅲ相試験のpost hoc解析結果

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037957 有効期限:10月末まで