メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  中枢性睡眠時無呼吸で心房細動リスクが2倍に上昇

中枢性睡眠時無呼吸で心房細動リスクが2倍に上昇

 2015年12月07日 10:30
プッシュ通知を受取る

 米・Cleveland Clinic Lerner College of MedicineのReena Mehra氏らは,高齢男性における睡眠時呼吸障害について検討する多施設前向きコホート研究の結果,中枢性睡眠時無呼吸(CSA)とチェーンストークス呼吸(CSR)は,心房細動(AF)発症の予測因子であり,特に高齢者でAFリスクが高いことをAm J Respir Crit Care Med2015年11月23日オンライン版)で報告した。一方,閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)とAF発症リスクには,全体では有意な関連は見られなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  中枢性睡眠時無呼吸で心房細動リスクが2倍に上昇

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037955 有効期限:7月末まで