メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  チクングニア熱関連脳炎はこれまで考えられていたより多い可能性

チクングニア熱関連脳炎はこれまで考えられていたより多い可能性

フランス領レユニオン島における解析

 2015年12月07日 17:00
プッシュ通知を受取る

 発熱や関節痛を主徴とする蚊媒介感染症のチクングニア熱(チクングニアウイルス感染症)。アフリカやアジアの他,米国や欧州の一部の地域など世界的な流行が見られるようになっている。患者報告の増加に伴い,チクングニア熱関連脳炎の罹患率は意外に多いことが分かってきたようだ。フランス領レユニオン島Central University Hospital in Saint PierreのPatrick Gérardin氏らが同島内で2005~06年にかけて起きたチクングニア熱流行時のデータを後ろ向きに解析。その結果を報告した(Neurology 2015年11月25日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  チクングニア熱関連脳炎はこれまで考えられていたより多い可能性

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037972 有効期限:10月末まで