メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

チクングニア熱関連脳炎はこれまで考えられていたより多い可能性

フランス領レユニオン島における解析

 2015年12月07日 17:00
プッシュ通知を受取る

 発熱や関節痛を主徴とする蚊媒介感染症のチクングニア熱(チクングニアウイルス感染症)。アフリカやアジアの他,米国や欧州の一部の地域など世界的な流行が見られるようになっている。患者報告の増加に伴い,チクングニア熱関連脳炎の罹患率は意外に多いことが分かってきたようだ。フランス領レユニオン島Central University Hospital in Saint PierreのPatrick Gérardin氏らが同島内で2005~06年にかけて起きたチクングニア熱流行時のデータを後ろ向きに解析。その結果を報告した(Neurology 2015年11月25日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  チクングニア熱関連脳炎はこれまで考えられていたより多い可能性

error in template: found but mtif was expected