メニューを開く 検索を開く ログイン

導入5年で明らかになった迷走神経刺激療法の有効性と適応

 2015年12月08日 17:00
プッシュ通知を受取る

 2010年に日本で迷走神経刺激(VNS)療法が保険適用されてから,5年が経過した。低侵襲で広い適応を有するVNS療法は,難治てんかん治療の新たな選択肢として期待されるが,治療効果や適応などに関して不明な点も多い。第49回日本てんかん学会学術集会(10月30~31日,会長=長崎医療センター脳神経外科部長・馬場啓至氏)のシンポジウム「迷走神経刺激(VNS)導入後5年」では,導入後に明らかになったVNSの有効性や適応の条件が報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  導入5年で明らかになった迷走神経刺激療法の有効性と適応