メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  導入5年で明らかになった迷走神経刺激療法の有効性と適応

導入5年で明らかになった迷走神経刺激療法の有効性と適応

 2015年12月08日 17:00
プッシュ通知を受取る

 2010年に日本で迷走神経刺激(VNS)療法が保険適用されてから,5年が経過した。低侵襲で広い適応を有するVNS療法は,難治てんかん治療の新たな選択肢として期待されるが,治療効果や適応などに関して不明な点も多い。第49回日本てんかん学会学術集会(10月30~31日,会長=長崎医療センター脳神経外科部長・馬場啓至氏)のシンポジウム「迷走神経刺激(VNS)導入後5年」では,導入後に明らかになったVNSの有効性や適応の条件が報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  導入5年で明らかになった迷走神経刺激療法の有効性と適応

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037927 有効期限:11月末まで