メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  心血管疾患+腎臓病合併例が増加,しかし臨床試験の除外率は高いまま

心血管疾患+腎臓病合併例が増加,しかし臨床試験の除外率は高いまま

 2015年12月08日 16:00
プッシュ通知を受取る

 一般人口ならびに心血管疾患患者における腎臓病の罹患率が上昇している。しかし,腎臓病を持つ人の心血管疾患に対する介入のエビデンスが重要になっているにもかかわらず,主要な臨床試験の除外基準に腎臓病が含まれる割合が過半数に上ることが分かった。10年前の同様の報告と比べても,その割合はほとんど変わっていなかった。報告者で米・Icahn School of MedicineのIoannis Konstantinidis氏らは,試験実施関係者に対し心血管疾患介入試験に腎臓病合併例を含めるよう提言している(JAMA Intern Med2015年11月30日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球4強出揃う。優勝は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  心血管疾患+腎臓病合併例が増加,しかし臨床試験の除外率は高いまま

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037980 有効期限:8月末まで