メニューを開く 検索を開く ログイン

白血病の免疫遺伝子治療で化学療法抵抗性幹細胞の根絶へ

第43回日本臨床免疫学会

 2015年12月09日 14:00
プッシュ通知を受取る

 腫瘍特異的な細胞傷害性T細胞(CTL)の誘導を目的としたがんに対する細胞免疫療法の研究が進んでいる。愛媛大学大学院血液・免疫・感染症内科学教授の安川正貴氏は,ほとんどの白血病幹細胞に高発現するWT1を標的抗原とした新規がん免疫遺伝子治療により,大量化学療法後の残存白血病幹細胞を根絶する治療法を開発,その詳細を,第43回日本臨床免疫学会総会(10月22~24日,会長=兵庫医科大学内科学講座リウマチ・膠原病科主任教授・佐野統氏)の合同シンポジウム「新規治療を目指す免疫疾患研究の最前線」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  白血病の免疫遺伝子治療で化学療法抵抗性幹細胞の根絶へ