メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  HIV感染症の新治療指針,推奨レジメンに今年発売の新規配合剤

HIV感染症の新治療指針,推奨レジメンに今年発売の新規配合剤

「治療の手引き」第19版が発刊

 2015年12月09日 12:00
プッシュ通知を受取る

 日本エイズ学会HIV感染症治療委員会が作成した「HIV感染症『治療の手引き』(以下,「手引き」)第19版」が12月1日に発刊された。今回の改訂に伴い,初回療法における推奨レジメンが,第18版(2014年12月発刊)の10通りから5通りに絞られた一方,今年承認された1日1錠のドルテグラビル(DTG)/アバカビル(ABC)/ラミブジン(3TC)配合剤がその1つに位置付けられた。また,新たな直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場で治療法が大きくシフトしつつあるC型肝炎ウイルス(HCV)の重複感染例に対する治療法についても新たな情報が追加された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  HIV感染症の新治療指針,推奨レジメンに今年発売の新規配合剤

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10037982 有効期限:10月末まで