メニューを開く 検索

HIV感染症の新治療指針,推奨レジメンに今年発売の新規配合剤

「治療の手引き」第19版が発刊

2015年12月09日 12:00

 日本エイズ学会HIV感染症治療委員会が作成した「HIV感染症『治療の手引き』(以下,「手引き」)第19版」が12月1日に発刊された。今回の改訂に伴い,初回療法における推奨レジメンが,第18版(2014年12月発刊)の10通りから5通りに絞られた一方,今年承認された1日1錠のドルテグラビル(DTG)/アバカビル(ABC)/ラミブジン(3TC)配合剤がその1つに位置付けられた。また,新たな直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場で治療法が大きくシフトしつつあるC型肝炎ウイルス(HCV)の重複感染例に対する治療法についても新たな情報が追加された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  HIV感染症の新治療指針,推奨レジメンに今年発売の新規配合剤