メニューを開く 検索 ログイン

サルコペニア,フレイルを適切に評価するには

2015年12月10日 16:00

2名の医師が参考になったと回答 

荒井氏 高齢化が進行する中で,各種疾患管理とともに重要性を増してきたのが,老年症候群への適切な対応といえる。そうした中,老年医学の分野から生まれた「サルコペニア」 「フレイル」という言葉を頻繁に耳にするようになった。なぜ,こうした新たな概念が必要なのか,念頭に置いて臨床を行う意義とはなんなのか−。日本サルコペニア・フレイル研究会の代表世話人を務める国立長寿医療研究センター副院長の荒井秀典氏に聞いた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  サルコペニア,フレイルを適切に評価するには