メニューを開く 検索 ログイン

改訂GLや骨代謝マーカーを活用した骨粗鬆症診療を

2015年12月11日 10:00

細井氏 今年(2015年)7月,骨粗鬆症に関するわが国の診療指針となる「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン(GL)2015年版」が刊行された。骨粗鬆症は高齢者の日常生活動作(ADL),QOLを大きく阻害する疾患であり,診療に当たる医師としては常に最新のエビデンスを把握し,個々の患者に適切に対処していくことが求められる。ここでは,GL作成委員会の事務局長を務めた健康院クリニック(東京都)副院長の細井孝之氏に,およそ3年半ぶりに改訂されたGLのポイントを聞くとともに,特に70歳以上の高齢者を診療する上での留意点などを解説してもらった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  改訂GLや骨代謝マーカーを活用した骨粗鬆症診療を