メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  糖代謝異常合併妊娠の血糖管理に歩数計が有用

糖代謝異常合併妊娠の血糖管理に歩数計が有用

 2015年12月11日 14:00
プッシュ通知を受取る

 糖代謝異常合併妊娠患者の厳格な血糖管理は,母児の予後に大きく影響する。歩数計により糖代謝異常合併妊娠患者の運動量と血糖管理の関連を検討した東京女子医科大学東医療センター産婦人科の上野麻理子氏らは,妊娠中の歩数が増えるとHbA1c値,母体体重が有意に減少した結果から,歩数計による運動量の評価は糖代謝異常合併妊娠患者の血糖・体重管理に役立つ可能性があることを,第31回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会(11月20~21日,会長=東京女子医科大学糖尿病センターセンター長・内潟安子氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  糖代謝異常合併妊娠の血糖管理に歩数計が有用

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06038004 有効期限:6月末まで