メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  イベント »  持効型+超速効型配合剤の登場でインスリン治療の選択肢広がる

持効型+超速効型配合剤の登場でインスリン治療の選択肢広がる

 2015年12月14日 10:30
プッシュ通知を受取る

 ノボ ノルディスク ファーマ主催の糖尿病プレスセミナーが開かれ,川崎医科大学内科学特任教授の加来浩平氏が,このほど発売された持効型インスリンと超速効型インスリンを配合したライゾデグ®配合注フレックスタッチ®(以下,ライゾデグ配合注)について「シンプルなインスリン治療の強化を可能にする新たな選択肢となるだろう」と語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  イベント »  持効型+超速効型配合剤の登場でインスリン治療の選択肢広がる

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08038007 有効期限:8月末まで