メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  健康食品の有害事象評価法を考案

健康食品の有害事象評価法を考案

評価者間の一致率高く,信頼性高い

 2015年12月14日 08:00
プッシュ通知を受取る

山田氏 近年,消費者の健康食品志向が強くなっているという。それに拍車をかけたのが今年(2015年)4月に導入された機能性表示食品制度だ。一方,健康食品に関連した有害事象はしばしば発生しており,健康食品にも医薬品に準じたレベルの安全性が求められる時代となっている。しかし,静岡県立大学薬学部教授の山田浩氏によると,医薬品と異なり健康食品では,そもそも有害事象に関する科学的な評価法が確立されていないという。そこで,同氏らは新たに健康食品用の評価法を考案。この方法が信頼性の高いものであることを確認した(BMJ Open 2015; 5: e009038;筆頭著者・同大学大学院・井出和希氏)。機能性表示食品が市場に出回る中,時勢にマッチした研究として注目される。同氏に今回の研究の概要を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPS細胞関連研究の進展。思うことは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  健康食品の有害事象評価法を考案

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11038022 有効期限:11月末まで