メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

5-FU,カペシタビン過量投与時の解毒剤を初めて承認

米FDA

 2015年12月14日 17:30
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は12月11日,乳がんや消化器系のがんに適応を有するフルオロウラシル(5-FU)と同薬のプロドラッグであるカペシタビンの過量投与時の緊急治療薬uridine triacetate(商品名Vistogard)を承認した。FDAによると,米国におけるこれらの化学療法薬に対する解毒剤の承認は初めて。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  5-FU,カペシタビン過量投与時の解毒剤を初めて承認