メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  腹腔鏡を用いた仙骨腟固定術の普及は可能

腹腔鏡を用いた仙骨腟固定術の普及は可能

第22回日本排尿機能学会

 2015年12月15日 10:00
プッシュ通知を受取る

 亀田メディカルセンター(千葉県鴨川市)ウロギネコロジーセンターセンター長の野村昌良氏は,第22回日本排尿機能学会(9月9〜11日,会長=旭川医科大学腎泌尿器外科学講座教授・柿崎秀宏氏)のシンポジウム「腹圧性尿失禁,骨盤臓器脱に対する治療上のコントロバシー」で「腹腔鏡を用いた仙骨腟固定術(Laparoscopic sacrocolpopexy;LSC)は低侵襲で患者満足度も高い。トレーニングを積み,器具や手術室を整備することでLSCの普及は可能である」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  腹腔鏡を用いた仙骨腟固定術の普及は可能

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02037986 有効期限:2月末まで