メニューを開く 検索を開く ログイン

腹腔鏡を用いた仙骨腟固定術の普及は可能

第22回日本排尿機能学会

 2015年12月15日 10:00
プッシュ通知を受取る

 亀田メディカルセンター(千葉県鴨川市)ウロギネコロジーセンターセンター長の野村昌良氏は,第22回日本排尿機能学会(9月9〜11日,会長=旭川医科大学腎泌尿器外科学講座教授・柿崎秀宏氏)のシンポジウム「腹圧性尿失禁,骨盤臓器脱に対する治療上のコントロバシー」で「腹腔鏡を用いた仙骨腟固定術(Laparoscopic sacrocolpopexy;LSC)は低侵襲で患者満足度も高い。トレーニングを積み,器具や手術室を整備することでLSCの普及は可能である」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  腹腔鏡を用いた仙骨腟固定術の普及は可能