メニューを開く 検索を開く ログイン

TAVR承認から4年,良好なアウトカムが明らかに

 2015年12月15日 12:00
プッシュ通知を受取る

 米国胸部外科医学会(STS)と米国心臓病学会(ACC)が共同で立ち上げた経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)レジストリの実績が,米食品医薬品局(FDA)による同手技承認から4年が経過して初めて報告された。この期間にTAVRは進化を続けており,大動脈弁狭窄症患者において良好なアウトカムが達成されていることが分かった。詳細は,Ann Thorac SurgJ Am Coll Cardiol(ともに2015年11月30日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  TAVR承認から4年,良好なアウトカムが明らかに

error in template: found but mtif was expected