メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  乳がんサバイバーシップケアの合同GLを公表,ASCO/ACS

乳がんサバイバーシップケアの合同GLを公表,ASCO/ACS

 2015年12月15日 13:15
プッシュ通知を受取る

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)と米国がん協会(ACS)は12月7日,エビデンスに基づいた乳がん患者のサバイバーシップケアに関するガイドライン(GL)をCA Cancer J ClinJ Clin Oncol(いずれも2015年12月7日オンライン版)で公表した。同GLは両学会が合同で策定した初のGLとなる。治療の進歩によりがん患者の余命は延長し,特に女性の乳がん患者では5年生存率が約90%に達する。がん治療を終えた患者の多くはその後,地域のプライマリケア医によるフォローアップを受けることになるが,これまで乳がんサバイバーに対する治療後のフォローアップの標準化されたモデルがなかった。同GLは,こうしたニーズに応え,初期治療を終えた乳がんサバイバーのフォローアップケアの質を高めることを目的として策定されたもの。再発に対するサーベイランスや,乳がんあるいはその治療による心身への長期的な影響の評価など,乳がんサバイバーの治療後の健康やQOLの維持・向上で主治医が参照すべき具体的な推奨項目がまとめられている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  乳がんサバイバーシップケアの合同GLを公表,ASCO/ACS

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07038032 有効期限:7月末まで