メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

高齢腰椎変性疾患患者でも慢性腰痛とサルコペニアが関連

 2015年12月15日 14:30
プッシュ通知を受取る

 サルコペニアが高齢者のADL低下に関する問題となっているが,慢性疼痛や腰痛との関連については報告がない。国立長寿医療研究センター脊椎外科医長の酒井義人氏は,高齢者の慢性腰痛症患者における四肢および体幹筋量を評価しサルコペニアと慢性腰痛の関連を調査した。その結果,両者の関連が示唆されたことを第23回日本腰痛学会(11月14~15日,会長=千葉労災病院副院長・山縣正庸氏)で報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  高齢腰椎変性疾患患者でも慢性腰痛とサルコペニアが関連